資格取得のアレコレ

介護資格の取得費用は助成金で節約できる?

例えば、介護職員初任者研修の資格を普通に取得しようとすると安くても5万円、高い所で10万円以上しますよね。でも、そんな高額な資格取得費用ですが、自治体から助成金が出るって知っていましたか?

住んでいる地域によって異なりますが、大抵の地域ではこうした助成金がいくつかあります。というのも、近年話題になっている介護士不足が本格的に深刻化してきたことが原因とも考えられます。

もともと、介護業界は「汚い」「キツイ」「給料が安い」といった、やりたくない仕事の3K全てに当てはまり、若者からは人気のない職業でした。ただでさえ介護士が少ないのに、高齢化という波が追い打ちを加え、介護士の数は万年不足の状態。そういった事態を解決するために資格の助成金制度があるそうです。

助成金は地域によって差がありますが、最大で10万円ほど戻ってくるそうです。ただし、助成金を受けるにはいくつか条件があります。それは、資格取得後は地域の介護事業所、または介護施設で働くことです。つまり、地域の介護に貢献すること事が絶対条件なのです。

助成金がもらえる対象の資格ですが、やはり介護職員初任者研修のみといった地域が多いようです。それほど介護職員初任者研修は、介護業界で働くなら必ず持っていなければいけない資格という事なのでしょう。

助成金に関する詳しい情報や申請方法は、お住いの地域の市役所に問い合わせてみて下さい。

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.