資格取得のアレコレ

在宅介護にも資格取得はオススメ?

一般的に資格を取得する場合は、就職やキャリアアップのためといった場合が多いのですが、介護においては仕事以外にも資格が活かされます。最近多くみられるのが、自宅で家族を介護している方の資格取得です。

自ら介護について勉強する際は、インターネットや書籍を購入して介護に関する情報を集めている事だと思います。ですが、介護は実際にやってみないと分からないものです。

介護とは専門の知識とスキルが求められる技術職です。また、医療のように直接的に人に触れて行うので、ちゃんとした手順や方法を行う必要があります。

なかでも介護職員初任者研修は、介護に関する基礎から、介護士として働くにあたって最低限必要なスキルの習得が目的の資格です。そのため、日常的に介護を行っている方にとっても有意義な資格になっています。

これからプロの介護士を目指す人同様に、介護職員初任者研修の講習を受けるほうが確実で早く介護をマスターすることが出来ます。

介護が楽になる

例えば、女性にとっては大の大人の体制を変える体位変換は一苦労です。車椅子に移動する移乗介助も相当な力を使いますよね。

ですが、施設や訪問介護で働く介護士の中には、同じように中高年の女性もいれば、もっと小柄な介護士もたくさん働いています。

というのも、介護にはちょっとしたコツがあるです。力の使い方、スムーズな体位変換、手順などなど。

こうしたプロの介護士の知識とスキルがあれば、在宅介護が肉体的にも精神的にもゆとりができ、結果的に介護が楽になるのです。

ケアマネとのやり取りにも活かされる

また、ご家族の介護を行う方でも介護職員初任者研修を取得しておくことのメリットして、ケアマネとのケアプラン作りにも活かされます。

ご家族側が介護について分からない事ばかりだと、どうしてもケアマネに全て任せっきりになってしまいがちですよね。

しかし、それではトラブルの原因にもなりかねます。利用者本人のことを一番理解しているのは、ケアマネではなくご家族なのです。

ご家族側もしっかりケアプラン作りに参加して、納得のいく介護サービスを受ける必要があります。

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.