資格取得のアレコレ

介護職員初任者研修をタダで取得する方法

介護職は人手不足で誰でも働ける、高齢者でも雇ってもらえる。そういった従来の印象は徐々に変わりつつあります。多くの施設や事業所では、サービスの質の向上が課題となり、それに伴い人材の質を重視するようになっています。つまり、無資格未経験の求職者は門前払いといったことも起こり得る状態と言えます。

特に資格の有無を重視するところが増えており、求人の応募資格に「介護福祉士」と記載する企業も、ここ最近でかなり増えたようにも思えます。

とある介護求人サイトが実施したアンケートによれば、「無資格未経験でも採用したい」と答えた企業が18%に対して、「介護職員初任者研修は必須」と答えた企業が61%と、介護職員として資格保持者を求める意見が多かったそうです

また、訪問介護員として働く際には、介護職員初任者研修が絶対に必要となるため、無資格者と有資格者の優先度合いは一目瞭然といえるでしょう。

介護職員初任者研修をタダで取得する方法

介護職で働くには資格が必要となりますが、介護系入門資格の介護職員初任者研修でも総額15万円近くの費用がかかります。異業種から介護業界へ転職を考えている方にとっては、かなり大きな先行投資となりそうです。しかし、そんな介護職員初任者研修を無料(タダ)で取得する方法もあるんです。

資格取得支援制度がある求人に応募する

一般企業の求人でもよく目にする資格取得支援制度ですが、介護業界でも資格取得支援制度を実施している企業があります。特に、介護職員初任者研修以上の資格が必要となる訪問介護事業所で広く実施されています。資格取得支援制度では、資格取得にかかった費用を会社が全額負担してくれるため、無料(タダ)で介護職員初任者研修が取得できます。

資格取得支援制度がある求人は人気となっているため非公開求人で募集されている場合がほとんど。非公開求人を豊富に取り扱っているか介護求人サイトは、姉妹サイトの「介護士Work」で検索可能です。

派遣登録で資格講座の受講料が全額免除

介護派遣でおなじみの「かいご畑」では、一定期間派遣としての勤務を条件に、資格講座の受講料を全額免除にする制度を実施しています。資格取得講座は同じニッソーネットが運営する「介護教室ほっと倶楽部」で開講しているため、働きながら学校へスクーリング(通学)することも可能。詳しくは「介護派遣ランキング」のかいご畑ページをご確認ください。

まとめ

いかがでしたか?中には資格取得費用が高すぎて介護職への転職を諦めたという人も多いのではないでしょうか?ですが、この2つの方法なら、一切お金をかけずに介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得することが可能です。もし、転職を検討しおり、介護関連の資格を持っていないという方は、この方法を検討しみてはいかがでしょうか?

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.