介護のプロフェッショナルと言われる介護福祉士とは?

着々と高齢化社会への歩みを進めていく昨今、介護職が非常に重要な仕事となっています。その中でも特に重要視されているのが介護福祉士ですが、介護福祉士とは一般的なホームヘルパーと何が異なるのでしょうか。

介護福祉士とは介護職の中では唯一の国家資格で1987年に定められました。仕事内容はホームヘルパー同様、食事や入浴、排泄といった身の回りの介護は勿論、利用者やその家族の相談に対応したりアドバイスを行ったりといった専門知識を活かした仕事をすることになります。他のヘルパーの指導を担うこともあり、より専門性が高いのが介護福祉士の特徴です。

介護福祉士の資格を取得するメリットは待遇面の改善が期待できるという点でしょう。資格を取得することによってサービス提供責任者となるなど昇格することができたり、資格取得手当が付いて給与が上がるといったことが考えられます。

資格の取得に関しては現在でも改正が続いており、現在ではどのルートで資格取得を目指しても必ず国家試験を受ける必要があります。また、実務経験を3年以上つんでいても実務者研修が必須となるなど大きな変更点もあるため、事前に受験資格を確認しておくと良いかと思います。

介護のスペシャリストと言われることもある介護福祉士は今後ますます需要が高まることが予想されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です