介護の資格

介護に関する資格について

介護に関わる資格は複数ありますが、その中でも介護業界で働くために必要になる資格や、資格手当といった給料アップも期待できる資格をご紹介します。いい条件、いい待遇で働くためにも、できるだけ多くの資格を取得しておくといいでしょう。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護保険法の改正により平成25年4月に新しく出来た資格で、「ホームヘルパー2級(訪問介護員養成研修)」と同等の資格です。ホームヘルパー2級は訪問介護士の資格とされていましたが、介護職員初任者研修は施設介護でも評価される資格となっています。

続きを見る

実務者研修

実務者研修は、国家資格の介護福祉士を目指す人に設けられた資格です。2013年の介護保険法改正で、介護職員初任者研修が新設されたと同時に、介護福祉士になるためのルートも大きく変わりました。

続きを見る

介護福祉士

介護福祉士は、社会福祉士、精神保健福祉士といった福祉系の3大国家資格のひとつで、介護士としても大きなキャリアアップに繋がる資格です。また、2013年4月の介護保険法改正で受験資格を得るためのハードルが上がり、資格の価値も以前より増したともいわれています。つまり介護福祉士を取得できれば、介護業界のプロフェッショナルになったという証となっています。

続きを見る

ケアマネジャー

ケアマネジャーは正式目名称で介護支援専門員と呼ばれており、介護福祉士に同様に、介護業界ではハイクラスと呼ばれる資格です。

続きを見る

介護事務

介護事務は別名ケアクラークとも言われています。資格としては、「介護事務管理士」と「ケアクラーク」があります。

続きを見る

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーとは移動介護従事者のことで、介護業界の場合だと高齢者の車への乗り降りを手助けする外出介助に使用する資格になります。主に外出介助とは、自宅と施設や医療機関の送迎時が該当します。

続きを見る

介護予防運動指導員

テ介護予防指導員とは、高齢者が介護の手を必要とせずに自立できるよう支援する職業のことです。主に要介護認定で介護の必要がないと判断された要支援の高齢者を対象に、筋力増強から軽度な運動、栄養バランスの見直し、食事や発言といった口腔機能の改善などを行います。

続きを見る

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員とは、介護が必要な方へ、介護用品や福祉用品のレンタル・販売を行う際に必要な資格で、利用者に合わせた的確なアドバイスも求められる専門的な知識が求められる職業です。

続きを見る

高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターは、高齢者との意思疎通を行い、さらなる信頼関係を気付くことが出来るエキスパートの事です。コミュケーションで重要な「聴き方」と「話し方」を専門的に学び、介護環境をより良くする事も可能です。

続きを見る

社会福祉士

社会福祉士とは、社会的に福祉等の援助を行う人(ソーシャルワーカー)の国家資格であり、精神保健福祉士、介護福祉士とならび、福祉系の三大国家資格といわれ、高い信頼と評価が得られる資格です。

続きを見る

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.