高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターとは?

高齢者コミュニケーターは、高齢者との意思疎通を行い、さらなる信頼関係を気付くことが出来るエキスパートの事です。コミュケーションで重要な「聴き方」と「話し方」を専門的に学び、介護環境をより良くする事も可能です。

高齢者コミュニケーターの求人や就職は?

正直なところ、高齢者コミュニケーターの求人があったり、直接的に就職に役立つような資格ではありません。どちらかというと、介護士としてのスキルアップの為に取得する資格という位置づけになります。

例えば、現役の介護士の場合だと、普段の業務に追われて、利用者とのコミュニケーションが上手く出来ていなかったり、お年寄りの気持ちになって介護が出来ているか不安になる事がありますよね。

そういった時に、高齢者とのコミュニケーションについての専門的な講習を受けることで、あたらなスキルを身につけたり、今後の自信にも繋がります。

費用も3万円程度と安く、期間も2ヶ月以内で修了可能ですので、介護士としてのスキルアップ目的や、これまでの自分の介護を見直そうと介護福祉士の方の受講も多いそうです。

介護を拒否する高齢者に悩んでいる方におすすめ

介護の現場でよくあるのが、高齢者による介護拒否です。施設などでは、決められた時間に決められた介護を行わなければいけませんが、こうした高齢者が1人でもいると、その日の仕事内容が大きく変わります。

介護拒否をする1番原因として考えられるのが、介護者と高齢者との信頼関係とも言われています。介護を行う際に、忙しさから高齢者に対してつい冷たい態度で接することが続くと、高齢者にも職員に対する好き嫌いという感情が現れます。

また、こういった事は、第3者に言われないと気付かないもので、改善する機会がなければ負の連鎖のように信頼関係は悪化する一方です。

そこで、高齢者コミュニケーターの資格を取得し、一度自らの高齢者に対する態度を改めるという取り組みも行われています。

実際にとある有料老人ホームでは、入社1年以上の介護士に高齢者コミュニケーターを受講するよう義務付けている施設もあります。

介護も人を相手にする点では、ある種のサービス業ですので、この機会に高齢者の心をつかむためのテクニックを学ぶといいかもしれませんね。

資料の無料請求はこちら

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.