介護福祉士

介護福祉士とは?

介護福祉士は、社会福祉士、精神保健福祉士といった福祉系3大国家資格のひとつで、介護士としても大きなキャリアアップにつながる資格です。

また、2013年4月の介護保険法改正で資格取得のハードルが上がり、介護福祉士という資格の価値も以前より高まったといわれています。そのことから、介護福祉士の取得は介護のプロフェッショナルになった証となっています。

介護福祉士になるには?

介護福祉士の資格取得には国家試験に合格する必要があり、国家試験の受験資格を得るためには決められた3つのルートがあります。

実務経験ルート

介護実務経験を3年以上経験し、さらに実務者研修を修了することで国家試験の受験資格が与えられます。

養成施設ルート

養成施設とは、福祉系の大学、短大、専門学校のことで、ここで2年以上(1800時間程度)学ぶ必要があります。学校卒業後、国家試験の受験資格が与えられます。

福祉系高校ルート

養成施設同様に福祉系の高校で2年以上(1800時間程度)学び、卒業することで国家試験の受験資格が与えられます。

以上ように、社会人の方がこれから介護福祉士を目指すなら、実務経験ルートが最も現実的で資格取得にかかる費用も安く抑えることができます。

介護に関する資格がなくても、とりあえず3年間介護施設などで働いて、その後、実務者研修を修了すれば受験資格をもらう事が出来ます。

しかし、3年間という期間も有効に活用するのであれば、まずは介護職員初任者研修の取得をする方がいいでしょう。

その理由として、介護職員初任者研修を取得している人は、実務者研修で受講する講習時間(合計450時間)のうち130時間が免除されるからです。

これから介護福祉士を目指すなら、介護職員初任者研修 ⇒ 実務経験3年 ⇒ 実務者研修 ⇒ 介護福祉士という順番でステップアップしていくといいかもしれません。

資料の無料請求はこちら

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.