介護予防指導員

介護予防指導員とは?

介護予防指導員とは、高齢者が介護の手を必要とせずに自立できるよう支援する職業のことです。主に要介護認定で介護の必要がないと判断された要支援の高齢者を対象に、筋力増強から軽度な運動、栄養バランスの見直し、食事や発言といった口腔機能の改善などを行います。

介護予防指導員の就職は?

介護予防指導員として、リハビリテーション施設で働いたり、デイサービスや老人ホームのレクリエーションを任されたりと、幅広い活躍が見込まれます。

介護予防の注目が高まる

介護士不足が深刻化するなか、そもそも介護を必要とする高齢者を減らそうということが介護予防の目的です。その介護予防において、介護予防指導員は今後ますます需要が高くなる資格とも言われています。

介護予防指導員を取得するには?

介護予防指導員の資格を取得するには、次のいづれかの資格を保有していることが条件となっています。

  • 訪問介護員1級・2級の研修修了後、実務経験2年以上の方
  • 介護職員初任者研修修了後、実務経験2年以上の方
  • 介護職員基礎研修課程修了者
  • 介護福祉士実務者研修修了者

または、

  • 介護福祉士
  • 介護支援専門員
  • 医師
  • 歯科医師
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師(准看護師含む)
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 社会福祉士
  • 歯科衛生士
  • はり師
  • 灸師
  • 柔道整復師
  • 栄養士(管理栄養士含む)
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 言語聴覚士
  • 健康運動指導士等

このように介護予防指導員は介護業界でも上位の資格に該当します。介護予防指導員としての仕事内容も、介護士というよりリハビリテーションや医師に近いと言えるでしょう。

逆に、介護予防指導員だけという求人も少なく、リハビリテーションやトレーニングといったより専門的なことは理学療法士、作業療法士といった国家資格を持つ職業の人が行います。

ですので、介護士としての価値を高めたい人向けの資格という位置づけで、取得を検討するといいかもしれません。

資料の無料請求はこちら

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.