介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは?

介護職員初任者研修は、介護保険法の改正により平成25年4月に新しく出来た資格で、「ホームヘルパー2級(訪問介護員養成研修)」と同等の資格です。ホームヘルパー2級は訪問介護士の資格とされていましたが、介護職員初任者研修は施設介護でも評価される資格となっています。

ホームヘルパー2級とはカリキュラムが違う

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修なるにあたって、資格取得のカリキュラム(課程)も大きく変更がありました。

ホームヘルパー2級では実技講習を行うカリキュラムがあったのですが、介護職員初任者研修では実技講習自体は無くなり、講習と一体で行うようになりました。

また、介護実習や現場見学などの実習カリキュラムもなくなり、「実習は必要に追うじて実施する」というふうに変更されました。

実技講習や実習がない分、全体的に資格取得のハードルが下がったように思えますが、介護職員初任者研修では新たに筆記試験が追加になりました。

筆記試験自体はしっかり講習を受けていればそれほど難しくはないのですが、試験勉強などをする分、取得に要する時間はホームヘルパー2級より実質増えたということになりそうです。

介護職員初任者研修とホームヘルパー2級とはカリキュラムが違う

4つの資格は介護職員初任者研修に統合された

介護職員初任者研修は、ホームヘルパー1~3級と介護職員基礎研修の4つの資格が統合されて出来た新しい資格です。つまり介護職員初任者研修を取得すれば、ホームヘルパー2級の上位資格でもあるホームヘルパー1級と介護職員基礎研修も取得した事になります。

筆記試験が追加され一見取得のハードルが上がったように感じられますが、資格の階級はホームヘルパー2級以上といえます。

ホームヘルパー1~3級と介護職員基礎研修の4つの資格は介護職員初任者研修に統合された

介護福祉士を目指す人のファーストステップ

介護保険法改正により介護士としての最上位資格でもある国家資格の介護福祉士になるルートも変更されました。その中でも、介護職員初任者研修の重要度は高く、その後の実務者研修での講習時間の緩和処置があります。

また、介護業界全体で評価される共通の資格となっているので、無資格者と比べると給料アップも期待でき、これから介護業界で働こうと考えている人がまず取得するべき資格といってもいいでしょう。

資料の無料請求はこちら

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.