社会福祉士(ソーシャルワーカー)

社会福祉士とは?

社会福祉士とは、社会的に福祉等の援助を行う人(ソーシャルワーカー)の国家資格であり、精神保健福祉士、介護福祉士とならび福祉系三大国家資格といわれ、高い信頼と評価が得られる資格です。

その業務の幅は介護には留まらず、精神的・身体的・経済的に援助を必要としている方の相談や手助けを行っています。

介護業界においては、介護が必要になった高齢者やご家族が今後どういう風に進めていけばいいなどの相談に乗ったり、行政機関や医療・福祉施設との仲介役を行ったりします。

社会福祉士になるには?

社会福祉士になるには、介護福祉士同様にいくつかのルートがあります。一般的にははじめから社会福祉士になると決めて、指定科目の福祉系の4年制大学を卒業したのちに国家試験を受けるという方が多いようです。

社会福祉士になるルート

福祉系大学(4年制・指定科目) ⇒ 国家試験

福祉系大学(4年制・基礎科目) ⇒ 養成施設(6ヶ月以上) ⇒ 国家試験

一般大学(4年制) ⇒ 養成施設(1年以上) ⇒ 国家試験

一般短期大学(2年制) ⇒ 相談援助実務2年 ⇒ 養成施設(1年以上) ⇒ 国家試験

実務経験4年 ⇒ 国家試験

求人や就職先は?

社会福祉士は介護福祉士同様に、今最も需要のある資格ですので、取得さえできれば就職はかなり有利といえます。求人でも介護業界のハイクラスとして扱われ、高給料高待遇が期待できます。

主な就職先としては次のものがあります。

  • 高齢者福祉施設
  • ケアハウス
  • グループホーム
  • 短期入所型施設
  • 地域包括支援センター

以前はケアマネジャーの業務の一部も社会福祉士の仕事でしたが、あまりにも業務内容が多いことと、社会福祉士が不足しているということで、ケアマネジャーが行うようになりました。それほど、人材が足りないとされる資格でもあります。

資料の無料請求はこちら

Copyright(c) 介護資格の取得費用 All Rights Reserved.